安物にサービスを求めると、トラブルの原因
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    ファミレスなどでサービスが悪いと店長を呼びつけて説教している人がいるけど、ファミレスでそういう人たちは一体どのようなサービスを求めているのだろうか?

     

     

    椅子を引いてくれるような店ならまだしも接客の教育はやっぱりホテルマンには敵わないですよ。

     

     

    だから安いものには安い理由があり、接客もしくは営業なんてできっこないという認識の中でお店に入ればいいのだ。

     

     

    昔の話をすると嫌われるが、我々の子供の頃は、たまにホテルに連れいてってもらい、ホテルの中で教育をされたものだ。

     

     

    そう、オシャレな恰好というよりはビシッとしてね。

     

     

    サービスができないところにサービスを求めた自分のふがいなさを感じ、二度とその店に行かなければいいのだ。

     

    私の失敗談を交えて安物にサービスを求めるとトラブルの原因ということを面白くお話しましょう。

    私がモータースポーツに携わっているときにあるチームの車両オーナーになったことがありました。

     

     

    フォーミユラーカーといっても最下層のカテゴリーなのでオーナーなんておこがましい事は言えないけど、オーナー様はオーナー様なんですよね。

     

    私はレースが好きだったし自分の会社のロゴが入っているマシンが走るのは見ていて気持ちいいと思っていました。

     

    でも冷静になってくると出来上がった車両に知らない会社のロゴは入っているし、サーキットに行っても敬語使うのはチーム代表ぐらいでね。

     

    ドライバーもこちらから「こんにちは」と言わないと決して挨拶をしない。

     

    へんな世界だなとおもっていたら私と一緒にオーナーをやっていた人は早々に手を引いて行った

     

     

    学習能力のない私は次のカテゴリーにも会社のロゴを入れて浮かれていました。

     

    この時も知らない会社のロゴが断りもなく貼られていましたが。

     

    購入した時言われたのが「この車売れば売るほど赤字なんです」って。(購入していただきありがとうございましたの一言もないのかよ)

     

    まぁ、このカテゴリーの時は散々だった。ドライバーは誰が乗ったか全く知らず、挙句の果てには預けていた会社が身売り。もとのチーム代表の尽力で最悪の事態は免れたが、さすがにこの世界はGIVE UPだった。

     

    数年後モータースポーツ関係者この話をしたら

     

    「だいたい、いくら持っていてモータースポーツに携わろうとしたの?億とは言わないけどさ、それに近い遊べるお金をもってモータースポーツに携わるんだよ。そんな誰も見向きもしないカテゴリーにお金を使うのはまともな教育をうけた人ではないですよ。こんなところに会社のロゴ貼って仕事きた?こないでしょ。やるんなら上のカテゴリーでやらないとサービスもオーナー特権もありませんよ。」

     

    この言葉から私は気分が悪い思いをした時は、全て自分が愚かで安物にサービスを求めた結果だと思えるようになりました。

     

    どうですか?これを読んでいただいた方のトラブル回避に少しでもお役に立てればとても嬉しいです。

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://blog.tkroom.fool.jp/trackback/1581765
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    モータースポーツ
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.