プロレスまで文句つけるのはやめようよ

  • 2020.01.27 Monday
  • 20:34

JUGEMテーマ:イベント

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:スポーツ

1981年3月の試合と思われます。
映像をアップした人は「1979年12月13日」としていますが、
それは明らかに間違いです。

13:10あたりのバックドロップ(グレコローマン式のバックドロップ)は
実に素晴らしいです。
もうちょっとヘソで反れば正にルー・テーズばり!! でした。
相手の胴に巻いた腕のグリップの仕方も猪木より良し。
足がもうちょっと安定すれば、なお良いかと。

 

これもプロレスに対する文句になりますかね?

敢えていうならここまでの知識がありますので会場の解説者には、たまに噴き出してしまう事があります。
だからうるさい人もヤジっている人も気になりません。
40年近く観ているのでプロレスには感謝しかありません。
数年前に最下層のモータースポーツの人から誹謗中傷を受け、気にしないようにしていましたがやはり気になるんです。
東京は離れたくなって新幹線に乗ったら昔、勤めていた会社の本社があった大阪に向かっていました。

どこに行こうかなと、心斎橋から難波にいったらエディオンアリーナがありました。

そうだ、今日プロレスがあるんだ。
早速、新日本プロレスさんに連絡したら1枚ありますとの事。いい席ではないけどいいですか?
全然問題にならなかった。
3時間〜4時間なにもかも忘れさせてくれました。
少なからず「仕返し」を考えていましたがそんなくだらない事をする必要はないとはっきりと感じた瞬間でした。
帰り新幹線も気持ちがスッとして悩んでいたことがくだらないとおもうようになった事をいまも鮮明に覚えています。
新日本プロレスが私を救ってくれました。
また、最近ですが有楽町駅で肩が当たったとの事で若いカップルに絡まれました。
もうすぐ新日本プロレスのライブ中継が始まる!早く帰らなきゃいけないのに。
「どうもすみせん」と言ったら威勢のいいカップルで「誠意がない」と
「ではどうすればいいのか?」
「土下座するか死んでくれ」とめんどくせぇ〜。
そんなこんなで警察まで来てしまい
「どうされましたか?」
「私の方が当たったので謝ったのでですが誠意がないので死んでくれと言われまして困っています」と答えたら
「それは明らかに恫喝です。告訴されますか?」えっ?めんどくせぇ〜。
「いや、結構です。プロレス観なくちゃならないので」
「告訴しないんですね?」
「私が悪かったので最後に謝りますので帰ります」と言って帰路についた。
そう、お分かりのように新日本プロレスが若い二人の将来に傷を付けなかったのだ。
プロレスを観る日や観戦中は暇ではないので回りが気にならない。
だから文句なんて一つもない。
猪木さんと同じ時代を生きて、なお新しい新日本プロレスを観戦できる。
それだれでも幸せではないですか?
プロレスのファンの批判をしている人は観戦中、暇なの?
それとも日本人は病気なの?
笑って、楽しんでプロレスを観戦しましょう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

モータースポーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM