一度も優勝者を当てたことのないG1CLIMAX  今年はSANADA

  • 2020.10.03 Saturday
  • 19:02

JUGEMテーマ:エンターテイメント

誰が蝶野の優勝を予想しただろうか?

まさかの2連覇
蝶野の時代かと思っていた。
夏は蝶野でしょって思っていたら
まさかの藤波さん
でも恰好良かった。
第4回は一番盛り上がったんじゃないかな。
藤原、木戸さんが出場して藤原組長が長州に初勝利したときじゃないかな。
やっぱり蝶野は1年を通じてムラがあると感じていたので
橋本かと思っていたらやっぱり夏の蝶野は強かった。
武藤は初戦で越中に負けたのでとにかく越中推し。
期待を込めて越中と思っていたが・・・
黒の蝶野が少し迷走中。
確率で蝶野と思っていたが・・・
しかし長州のサソリ固めはほれぼれします。
個人的に好きじゃないレスラーだったのでノーマーク
橋本は絶対にG1を獲れないと思って武藤推し
決勝は山崎さんが勝ち上がり
橋本優勝。
ここから猪木さんの「子殺し」が始まります。
夕方生放送でしたかね。
しかし中西ノーマーク
中西二連覇だ!!!
新日本選手、全員が好きなわけでもなく
とっとと席を立ちました。
シャイニングウィザードを引っ提げて
武藤!!
この時点では中西の後塵を拝していた永田・・・
ノーマーク
蝶野の優勝は二度とない・・・
正規軍は似合わない
しかし・・・
何故、若者の心を天山が掴むのか・・・
全く理解できず
連敗スタートじゃなかったっけ???
二連覇なんて考えもつかなかった。
でぇぇぇ
あり得ない・・・
でも蝶野は強かった。まだ時代を作るのかと期待していた。
この年、全日本にいた小島と対戦し大失態をした天山。
まだ、天山が若者の心を掴むのが理解できず
外敵小島推しだった。
まだ、棚橋ではとおもっていたけど
いい選手になりました。
棚橋時代の到来。
後藤のGはG1のG
聞いてあきれる
まったくのノーマーク。
棚橋、後藤とくれば中邑でしょ。
だけど真壁
「サンキューな」には痺れた。
一気に真壁ファン。
まだフリーの小島
棚橋たち若手がやっつけてくれる。
そんなこんなで史上初の外敵優勝。
遂に中邑。
でも棚橋を予想。見事に外れる
このころから「どこに目を付けている」と言われるようになりました。
未だ、棚橋の時代と思っていたが
新日本のサイクルは速い
レインメーカーショックから一気にファン。
オカダの時代だ。
オカダ二連覇・・・
でも内藤もいい。
中邑に間違いなし
決勝まで勝ち上がればいくらオカダでも中邑には勝てない・・
で、外した。
飯伏
決勝はゴールデンスターのテーマに乗って飯伏が入場するのだ
中邑かぁ・・・
決勝に行けば今年こそG1が獲れる
しかし棚橋はまだ健在。
NOAHから2選手エントリー
外敵は2年連続でこのG1 climaxに出てこない
それほど過酷なシリーズという事。
もちろん2人とも脱落する事は当てました。
SANADAを予想。
でも内藤で良かった。
内藤の2連覇を予想。
しかし決勝戦は
凄いものを観た。
オカダタズチカ
しばらくG1から遠ざかっているので
全勝で最終戦まで行ったがまさかの飯伏にフォール負け
決勝はKENTAに全てをかっさらわれた。

そんなこんなで29年間全て外しているのだが

シリーズが始まる前の推しレスラーで予想してます。
シリーズ中にこの選手かなと思うときもありますが
今年はSANADAです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

モータースポーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM